スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

妻と息子の現況と宮台真司さんについて

皆さんこんにちは。 ここ九州も寒くなってきて ダウンが必要になってきました。 ぜひ皆さまにおかれては体調を一番に 暖かくお過ごしください。 さて、今回は昨今の私たちの近況をと思い 長文になると思ったので ブログを使っています。 今日は妻と息子の近況、それも リアルな現況が伝われば うれしいなと思っています。 「妻の近況について。」 過去何度もアナウンスしてきたのは 要は私たちがいつアクションを起こすのか であり 私たちは過去 残念ながら 何もアクションを起こすことができなかった 事実があるのみです。 この事実には学びが必要でした。 僕たちの経験から言えるのは SPIができないと 就職活動は厳しいということです。 蛇足ですが、 実は僕自身が人生の中で SPIの勉強をすることなく 一部上場の会社などに入ったものですから SPIが妻のキャリアにこれほど必要なのに 気付かなかった自分の経験値の低さを 思い知らされています。 しかし、 そうこうしているうちに 妻の職務経歴は NHKは4年目に入り 年齢もまだ34歳、さらに子は小学4年生 さらに三井住友海上での経験も買われて 満を持しているように見えます。 すでに、10月には大手某社との一次面接は成功し 現在SPIの勉強に日々追われています。 SPI、つまり、 妻がSPIを受けているということは 大手を中心にということです。 まだ結果が出ていませんので 具体的なことは何もいえませんが 皆さんにサプライズを起こせる日が来るのを 僕も含め期待しています。 「息子(小学4年生について。」 言えることは 彼自身が自分のキャリア について話すようになった、 というよりも 佐賀県佐賀市久保田町は 天国ではないと気づき始めています。 僕の母校でもある久保田町の 小学校に入れた理由を述べると 実は先日大学のキャンパスで 刺された宮台真司さんの著書が 影響しています。 宮台さんは幼少を京都で過ごされ いわゆる公立小学校の出身です。 逸話では京都では いわゆるやくざさんのお子さんも クラスメートにはいらっしゃって そういう中で誰もが平等に 考え感じ助け合う姿を学ばれたそうです。 久保田町の小学校は 幸運にも 僕の経験上知っていたのは あらけずりで這い上がる 気合が必要な学校だということでした。 息子はリアルに 宮台真司さんの世界にいると言えます。
最近の投稿

セカイのミライのために

前回ブログを書いたのが2020年、 その時の文章を振り返って、この2年間で、 僕がどれほど変化したか、痛感させられます。 文章を残すことって大事ですね。 2022年の春、僕はたんたんと 物理学のべき乗測という概念を勉強しています。 毎日、主夫のルーティンとして アイロンがけ、日経の精読それぞれの分野に転送など、 昼食を軽めにとって、今は物理学を使って 新商品の開発をしています。 夕方から軽く料理をしたあと、 モップがけ、食器の片づけ、トイレ掃除をしています。 明日から息子が春休み、来年4年生になります。 長かったなぁと思います。 なぜなら1年生になった最初 「あ」 という文字を書かせることから始まり、 「あ」 を覚えさせるってどういうこと?って とまどいました。 コロナの影響でだいぶん仕事は落ち着いたこと、 仕事は選ばなければいくらでもあるんですが、 妻に「好きにやっていいよ」と言われていて、 好きなことをやっています。 むしろ、「好きなこと」というのは、 今までできなかったことなので、 好きなことができることというのは、 すごいことです。つまり、すべてが新しいです。 その中で、 これまでのようにただただ営業をするのではなくって、 僕は 「リスクのある商品は絶対に売らない」 という強い決心が生まれたので、 それに見合った商品開発や考察が必要でした。 それを踏まえて、 といっても自分で考えたことなんですが、 じっくり腰をすえて未来に時間もお金も投資しています。 こんな時代なのに、とても未来は明るいです。 今、なぜ物理学を勉強しているのかというと、 新商品の開発もそうですが、 ウクライナ情勢の影響もあります。 地震などの災害、株価の急落、戦争などには ある共通した数式で表すことができる、 そんなことを勉強して、 将来誰かに教えられるようにしています。 最近ツイッターもインスタもなんでも継続してやれていて、 この勢いでブログもやれればと思っています。 撮影が本職ですが、今は 「明るいミライをつくる人」 っていう肩書になれたらな、と思ってます。

医師と祈り~吉原麻里さんについて~

皆さんこんにちは。元気にしてますか? 今日は、ブログを急遽作りました。どうぞご覧ください。 な ぜだろうか、僕に降りかかってくるタスクは、昔ながらの根性論を知らない現代の人だったら投げ出してしまうものが多い。写真も、かじったくらいのレベルなのに泣。 さて、過去、ある職種の人が担当になると、あえていうが、どう撮っていいのかわからないとてつもない緊張を感じていた。それは一言に尽きる。「医師」である。 どういう因果か、僕は昨今、医師、吉原麻里さんの撮影を3年間もしている。僕の親友が紹介してくれたまではよかったが、佐賀きっての有名人ともつゆ知らず。 医師という職業に対して、これまでどういう共通項があったのか、それは、知らない人から写真を撮られるのがめっぽう苦手ということだ笑 なぜか、恥ずかしがりやなのだ。 ただただ、この吉原麻里さんは、とにかく現代の、ミレニアム世代の医師といった感がある。例えば、撮られるのが好きだし、高圧的なものもない。彼女のFacebookを見ると、たくさんの友人に囲まれ、きめ細やかにコメントをし、思ったことを素直に表現している。裏を返せば、人一倍努力家であり、バランスのいい自己肯定感を持ち合わせている。 さ て、なぜ今、吉原さんについて、書こうと思ったのか。実は、前に吉原さんを取材したときの言葉、行動を、僕自身が実践している報告をしたいと常々思っていたからだ。特に、コロナ不安がある中で強調したかった。 それは、寝る前に友人のことを思うという吉原さんの習慣についてだ。 実は、吉原さんの考え方が、ハーバードで実証されていると、とある講演会で知った。こういう内容だ。 『一つのグループには、 「あなたの病気が早く治りますように、と毎日祈っています。」 と本人に伝える。 もう一つのグループには、何も伝えない。 すると、最初のグループは、重い病気の治りがはやくなったという。 さらに言えば、 祈っていると伝えなくてもいい、ただ一方的に祈るだけで、 祈られている人に効果が表れるという驚くべきものだった。』 とても驚いた。いつも気さくななだけでなく、吉原さんが医師としての姿を貫いていると感じることができた。この内容は彼女が話したことと相違ないことだった。 一方、僕は医師などなれるわけもな

今を生きるために必要なこと

コロナウィルスがまんえんしようと、学校が休校になろうと、 僕たちの生活は楽しい、そのように感じることができる今です。 先週、僕はじっとパソコンの数字にかじりついて、 それに対してたいくつしている息子に、 「ごめんね、今、お父さんは時代を見ている、あとで説明するからね。」 と言っていました。日本だけでなく、世界が元気を失い、 僕自身、生まれて初めて見る数字に、とても踊らされました。 それに対して、息子は、 「コロナウィルスってペストみたいなもんだね。  だから、野口英世ってえらいんだね。」 と言ってきました。 その言葉に、とても勇気づけられました。 というよりむしろ、その言葉は、彼に寄り添う僕たちに 確かに未来があることの証拠だと感じました。 子どものリスクを支えるのは、僕たちの仕事だと思っていたのに、 彼がニュースを直視して、今をまさに読んでいます。 人々の不安という直観に、あえて7歳の彼は、 それを学びとして、記憶しています。 最近僕たち夫婦は、ある共通点を見出しました。 それは、二人とも、まともに塾に通ったことがない、というものです。 確かにそれが、時にネガティブに会話を誘導することもあります。 これから彼を塾に通わせることができないんじゃないか、とも話します。 それでも、彼が「今を感じる」という力は、 僕たちがおぎなえない素直さを愚直に感じさせます。 今を感じるには、パターンとして見る力ではおぎなえないからです。 僕は、今日のリスクに対して、楽観的にみています。 そのリスクをおぎなうために、日本企業は、内部留保を続けてきました。 就業する人たちには、これだけ株価が上がっているのに、 給与が上がらない現実に辟易している人もいると思います。 しかし、日本は、世界の市場において、特異な動きを見せています。 それは、東日本大震災を経ているからです。 リスクをいつかは負う時が来ると身構えていたからこそ、 日本は今、致命的な状況ではないと断定できます。 今は、何でもない日常が美しいように僕は思います。 しかし、今を生きる子どもが、 将来日本を変えていき、になうと、 信じることができる、 少

広瀬麻梨奈さんと出会った日

2011年3月11日から、9年が過ぎた。 今日の14時46分は、学校が休みの彼と、 車のオイル交換で訪れていたディーラーで迎えた。 テレビで追悼行事がやっていたので、心から黙とうした。 そのかん、9年前を考えたが、悔やんでも悔やみきれない思いより、 広瀬さんと出会ったことがなにより嬉しいことのように思える今がある。 お台場。 撮影が終わり、新入社員だった広瀬さんは、 スーツ姿で馬鹿みたいに重たいごみを上司に言われて 捨てに行っていたところだった。 新入社員は大変だなぁと思ったので、 「広瀬さん、僕がそのごみ捨てとくから。」 といって、とっとと捨てて、東京テレポートのキオスクで買った スーパードライを飲みながら、電車を待っていた。 そこに、いきなり広瀬さんが 「本多さん!」と声をかけてきた。 「さっきはゴミ出しありがとうございました。」 私服姿の彼女は、新卒で、大きなリングのピアス、 茶色のジャケット、ローライズジーンズ。 「ごめんね、俺撮影終わったあとたまにこれ飲んじゃうのよ。」 と断ったら、「逆に私も飲みたいです笑」と言ってきた。 電車に乗って、目黒に住んでいることを知って、 僕と同じ路線なんだね、じゃあ今度飲みにでも行こうか、 と、一応言っておいた。 その何週間か後、ご飯に行って、彼女が目黒が実家で、 銀行家の家で育ったことを知った。 僕は、当時品川でホテル暮らし。 おそらく8月には東京を去るだろうと考えていたので、 今しかできない暮らし方をした。 結婚は、女性との付き合いの延長に、家同士の関係ができる。 彼女とは、身分も違う。 実際僕は、8月初旬に、品川駅から博多行の新幹線に乗った。 彼女にも、東京の仲間にも、そして、東京にも、もう戻らないと思った。 僕は、塩気を失った塩なのだと思った。 それから半月。彼女が博多駅にやってきた。 僕に会うためだけに。 信じられないと思った。 '博多駅についたよ。’ 博多駅に初めて来たという彼女は、 博多口ではなく、筑紫口の模様が付いた煉瓦の前で待っていた。 僕は、すぐに東京に戻る決意をした。 そして、品川区に彼女と住むための家を借りた。 そ

息子の初めて習い事

息子が2月から、地元の陸上部に入った。 小学1年生で入部してきたのは、久方ぶりだという。 去年の12月にいきなり、 「俺、なんか走りたいんだよねぇ。」と、 宿題をしながら話してきたので、 早速次の日に陸上部の顧問に連絡し、見学させてもらうことにした。 僕は超真面目な性格なので、 冗談で彼が言ったように聞こえなかったからである。 聞くと、練習時間は、土日の朝7時半から9時半まで、2時間。 シャレにならない。 土日も6時に起き、ご飯を作らなくてはならないのは、 もちろん妻なのだが、 それはどうにかなるだろうと思って、 俺は知ったこっちゃないとの独断で、入部した。 それと、サンタさんに、 「スターウォーズのレゴが欲しい」 という手紙を書いた彼の期待は裏切られ、 キッズのマジのランニングシューズを「サンタが」送ったわけもあり。。 皆さんはご存知だと思うんですが、 子どもの陸上部っつーのは基本単距離メインなんですね。 つまり、運動会でモテるために入るようなもんで。 しかし、彼が入部した陸上部は、 夏は短距離、冬は長距離と、どっちも教えてくれるんです。 というか、冬に至っては、襷(たすき)をかけてマジの駅伝とかするんです笑 駅伝というと、僕の大学は、いわゆる駅伝の最近の強い学校でして、 緑のユニフォームで、箱根駅伝に出ているとこなんです。 頭はそんなによくないふざけた大学そのもので、 私は真面目でかつふざけた人間そのものなので、 勉強してもその大学にしか行けなかったんですが、 もうおわかりですよね?結論を。 はい、彼にはスパルタ教育をこれからいたしまして、 スポーツ推薦で学費免除で高校大学と行ってもらって、 超スーパーエリート企業に就職して、 年収5000万とかまで行ってもらって、 当然じゃないですか?こう思うの。 だって、毎月部費が、1000円もかかるんですもの。 うちの子は違うざます! 嘘ですよ。(笑)部費は本当だけど。 実際は、サクッと朝部活が早く終わって、 サクッと午後はどっか行ったり。 ランニングが嫌いにならないで好きでいてもらえれば、十分ですよん。

アバクロのお姉さんに人気の息子など

今年で僕は36歳になる。妻は、32歳。子は7歳。 もうええ歳である。 ええ歳とはこういうことだ。 例えば、今日僕は誰かと付き合う夢を見た。 意味が分からない、それは、 夢で付き合いたいと無意識に思っているのが、妻だったからだ。 すなわち、この世は天国そのものだ。 さて、 僕たちはよく福岡の天神に行く。 とともに、最近はよく佐賀にも行く。 息子が、7歳にしてジャイアントの自転車を持っているんですぅ。 ませとーでしょ? それで例えば、大隈重信記念館に行ったりしている。 この間は、いきなり日本赤十字社に行きたいと言ったので、 日曜日に職員が休日出勤していたところをお邪魔した。 なぜ行くか。それは彼が行きたいといっているからだ。 皆さん、彼は、旅行の達人です! 郷土を知りたいと思っとるわけです。 ほんで、妻は妻で、福岡の僕が知らない店をよーー知っとる。 お前東京人やろーーもん! そもそも、彼女はもともとお菓子や洋食系(という表現が野暮だが・・) の知識をよーーー知っとります。 とにかく、僕はですね、逆にとにかく本当に無趣味なもので、 さらに僕本当に情報弱者で、すぐティッシュもらったり、 体験しませんか?の一言に、すぐ手を出すわけです。 そんな僕の楽しみが、アバクロンビーにいくことなんですね。 あそこ、匂いのよくなかですか?? あと、あそこの音響が好きなんです。ボーズのスピーカーね。 と思っていたわけです。でも、妻から指摘されたんです。 あなた、あそこの店員さんと話す時が一番楽しそうよ、と言われまして。 心外でしたね。 そんなこと思ったことなかとけ。 確かに、俺は、こんな暖冬なのに、 「このダウン、北極で着ても寒くないんですよ?」というねーちゃんの一言で、 「買おうか?」と、確かにまんまと言ったのは事実だ。 それには理由がある。 息子が、アバクロの、鏡に、鏡が映っている柱があって、 その真ん中に立って、 「むっちゃ俺がいる!」って、大騒ぎして、店員のおねーさんと もはや遊んでいた。 だ、か、ら、買おうかなと思ったんですね。 こう、店員さんも働いているわけです。そこで大騒ぎしたか